MENU

管理薬剤師の求人、転職紹介に

管理薬剤師情報ナビご訪問ありがとうございます。
当サイトは、管理薬剤師に興味のある薬剤師さん、管理薬剤師としての転職をご希望な薬剤師さんなどなど管理薬剤師の求人や転職、職場ごとの管理薬剤師の役割、仕事内容など管理薬剤師に関する情報を紹介しています。
調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業の管理薬剤師として働く事をご希望の薬剤師さんに出来るだけ優良な情報を提供していきたいと思います。

 

 


 

薬キャリ

 

国内最大級の求人紹介数と登録者数の薬剤師転職サービスの薬キャリ
薬剤師転職サイトの中でも利用者数も多く利用者の満足度成功実績も豊富です。管理薬剤師の紹介ももちろん出来ますよ!

 

管理薬剤師として働くにあたり一番気になる職場環境や人間関係、経営状態など知りたい情報などある程度までなら専任コンサルトさんから聞く事も可能です。
転職後に後悔しない為にも情報豊富な転職サイトの利用が重要になります。

国内最大級の薬剤師転職サイト、紹介求人40000件
コンサルトが紹介求人をしっかりリサーチ
出来るだけ多くの求人の中から探したい方に

 

 


 

リクナビ薬剤師

 

管理薬剤師の求人紹介が出来る求人サービスの中でも紹介求人数が豊富なリクルートグループが運営する薬剤師求人サイトのリクナビ薬剤師
キャリアップや給料、年収アップの転職でも実績が豊富で利用者の満足度も高い人気の薬剤師求人紹介サービスです。
調剤薬局、ドラックストア、病院、企業とほとんどのジャンルの管理薬剤師求人紹介に強いので、職場、職種ごとの条件、待遇などを知りたい方にもおすすめです。
管理薬剤師経験者の転職も、これから管理薬剤師を目指す方もまずは、情報量が豊富なリクナビ薬剤師で情報収集しましょう!

リクルートグループ情報を無料で利用出来る
豊富な求人情報から理想の仕事、職場を探せる
疑問、不安は専任コンサルトさんが解消、最後までサポート

 

 


 

薬剤師転職ドットコム

 

大手薬剤師求人サイト(リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、薬キャリ)よりも対応が敏速でサポート力に定評がある薬剤師転職ドットコム
管理薬剤師経験者の転職におすすめの求人サービスです。
大手薬剤師求人サイトと紹介出来る求人数も同じくらいあり、そのほとんどが非公開求人にしている為、好条件、高待遇の求人紹介がすぐに出来る事でも評価が高いですよ!

 

コンサルトさんや転職エージェントのサポートをしっかり受けながら理想の転職先をじっくり探したい方に満足頂ける薬剤師転職サービスだと思います。

利用者満足度では業界トップクラス、サポート力で選ぶ
非公開求人も合わせて35000件の薬剤師求人は魅力
管理薬剤師経験者の転職ならドットコムで

 

 

 

管理薬剤師の転職、求人情報をお探しの方に

今現在、管理薬剤師として働きている方の中には、今よりも給料の高い、年収の高い職場への転職や給料は満足しているのですが、キャリアアップ、知識をアップを望む方など希望の職場への転職をお考えの方も居ますよね!

 

また、薬剤師として報酬アップ、年収アップなどの目的で管理薬剤師になる事を希望する方の中で、管理薬剤師になる為の転職、就職などを探されている方の為に、管理薬剤師の求人、転職情報を紹介しています。

 

管理薬剤師の求人募集は、薬剤師求人全体の中でも数%です。少なく感じる方も多いと思いますが、実際、管理薬剤師の転職求人に応募される方の比率は低く、求人募集の条件に合い募集に応募される薬剤師さんもそれ程多くありません。
管理薬剤師の求人の場合、管理薬剤師経験者やそれ相応の経験や知識が必要です。職場によっては、コミュニケーション能力などを特に重視するケースも少なくありません。

 

この様な事からも管理薬剤師の求人がそれ程多くなくても真剣に求人探しを始めれば、比較的多くの管理薬剤師求人に出会う事も可能です。
しかし、求人探しの方法を間違えると希望する求人に出会うまでに時間を要する事も有ります、例えばハローワークなどで管理薬剤師求人探しをしてもほとんど見つからないと思います。また求人情報サービスなどでも専門的な求人をあまり扱わないサービスの場合、薬剤師求人の扱いは有りますが、細かな条件には対応していないケースがほとんどです。

 

管理薬剤師など薬剤師求人の中でも条件を絞った求人や転職情報の場合、上記で紹介した薬剤師専門求人サービスでの紹介が有利で効率的です。特に転職エージェントや専任コンサルトさんがしっかりサーポートできるサービスならあなたの希望する管理薬剤師の条件に合う求人を探してくれるだけでなく、募集先への交渉も可能な場合は、こちらの意向を交渉してくれます。

 

管理薬剤師の経験者の転職も未経験者でこれから管理薬剤師として働きたい薬剤師さんもまずは、優秀なコンサルトやエージェントが在籍している薬剤師求人サイトへの登録で希望の求人を探しましょう!

管理薬剤師になる為に

管理薬剤師経験者の方は、この項はパスしてください。

 

管理薬剤師になる為に必要な資格は有るのでしょうか?この疑問が一番多いと思いますが、管理薬剤師の資格は存在していません。薬剤師資格が有れば誰にでも出来る職業が管理薬剤師です。

 

資格はないので、誰にでもなれると言っても管理薬剤師の仕事は、医薬品の管理や他の薬剤師さん、従業員の管理など責任のある仕事です。また従業員の総括をする事も少なくなくコミュニケーション能力も必要な職業だと言えます。

 

管理薬剤師を目指される薬剤師さんは、キャリアやスキル、経験、知識はもちろんですが、管理職、管理者としての能力が特に必要視されることが多いですね!
特に調剤薬局やドラッグストアの管理薬剤師は、コミュニケーション能力と医薬品の知識が必要な現場が多くなります。しかし管理薬剤師は各店舗ごとに1人置く事に薬事法で定められている為、調剤薬局やドラッグストの店舗数を考えると決して管理薬剤師になる事は難しい事では有りません。
一度、管理薬剤師を経験すれば、転職などにも有利になるだけではなく、給料面でも優遇されることも少なくありません。また管理薬剤師から管理薬剤師転職などの場合、給料アップ、年収アップも見込めます。

 

※まとめ

管理薬剤師に資格は必要なく薬剤師資格が有れば誰でも出来る職業です。また医薬品を扱う現場に1人、管理薬剤師と置く事が定めれらている為、多くの職場が用意されていると言えます。
しかし、管理者としての資質も必要で、責任がある立場は変わりません。最低限、この事を踏まえて管理薬剤師として働く事を希望する事も大事だと思います。

 

管理薬剤師の仕事内容

管理薬剤師は、調剤薬局やドラッグストア、病院、医薬品製造会社などで管理業務を行う薬剤師のことです。法律によって、医薬品を取り扱うところには、管理薬剤師を一人置くことが義務づけられています。管理薬剤師の仕事内容は、職場によってさまざまですが、医薬品に関する管理業務を行います。

 

調剤薬局では、医薬品の購入や陳列、保管方法が適切か、不良品や有効期限切れの医薬品がないかなどをチェックします。向精神薬、毒物劇物については帳簿の管理業務があります。在庫管理の責任者でもあり、医薬品の購入や販売伝票の管理も仕事です。

 

他の薬剤師や従業員の監督業務もあり、薬事教育も行います。さらに、購入者に正しく情報提供をしているか確認します。副作用などの相談にも対応し、厚生労働省に報告します。

 

管理薬剤師になるには特に資格が必要になるわけではありません。薬剤師の資格があれば、誰でもなれますが、医薬品に関する知識だけでなく、薬事法など法律に関する知識、レセプトや医療保険に関する知識も必須になるため、3年以上の経験が望ましいとされています。

 

最近では処方箋調剤を併設したドラッグストアも増えていますが、調剤を行わないドラッグストアであっても、管理薬剤師の設置は義務づけられています。この場合は、業務を一人で行うので他の薬剤師の管理業務はありませんが、購入者にOTC医薬品の説明をしたり、医薬品とそれ以外の商品を分かりやすく区別して陳列するなどの仕事をします。

管理薬剤師の転職

管理薬剤師として働いた方が転職する際に、管理薬剤師として転職する事は可能なのか?管理薬剤師は薬剤師の中でも報酬面で魅力がある役職ですよね!薬剤、医薬品の管理や職員の管理など負担の大きい役職ですが、転職の際には管理薬剤師のポストでの転職が可能な場合も多く、管理薬剤師を募集している会社や店舗もたくさん有ります。

 

管理薬剤師は店舗や会社によってその責任や仕事内容は変わりますが、管理薬剤師の実績が有れば管理薬剤師募集に応募も比較的容易に出来るそうです。
管理薬剤師は、給料アップや年収アップの転職でも有利になる事が多く、管理薬剤師として転職を考えている薬剤師さんも年々増加しています。
しかし、仕事内容や条件面、年収など管理薬剤師としての転職は慎重になりますよね!年収アップが叶った場合でも仕事内容が過酷になるケースも少なくありません。
この様な転職に失敗しない為にも管理薬剤師の転職紹介に実績があり、コンサルトさんが紹介する求人募集をしっかりリサーチしている薬剤師求人サイトで情報の入手が必要です。
管理薬剤師から管理薬剤師への転職は、慎重にしなければ今までの実績や報酬を捨てて転職して見てもとの職場の方が良かったとならない為にも信用できる求人サイトを活用しましょう!

管理薬剤師に必要なスキル

薬剤師の中で、管理薬剤師を目指す人が多いですが、必要とされているスキルを適切に把握し、身につけなければなりません。管理薬剤師になるためには、薬剤師として3年以上の経験が必要といわれていますが、もともと働いていた職場で昇進して選ばれる場合も多くなっています。

 

管理薬剤師の仕事内容は、医薬品の管理と従業員の監督の二つに分かれ、それぞれに合ったスキルが必要です。
まず医薬品の管理の場合は、薬に対する十分な知識を持ったうえで、適切に管理しなければならないため、医薬品の知識と取り扱いの経験が必要とされます。
また、集めた情報をほかの薬剤師と共有し、情報を管理するので、薬の説明文のチェックなども行います。そのため、情報収集能力や事務作業を丁寧に行うスキルが求められます。

 

さらに、管理薬剤師は医薬品や事業についての法律や規則を理解している必要があります。薬事法だけでなく、保険請求などの多くの法律を理解しなければなりません。

 

次に従業員の監督の場合は、従業員がしっかり働いているか、患者への情報提供を適切に行っているか、法令に違反していないかなどを確認します。もし従業員が何か不適切なことを行っていれば、その従業員を教育し、適切な業務を行わせなければなりません。そのため、人を指導できるだけの知識や経験だけではなく、ある程度の人間性も求められます。また、従業員との関係の中で、コミュニケーション能力が必要となります。

管理薬剤師情報ネット 対象地域

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/静岡県/山梨県/新潟県/富山県/石川県/福井県/長野県/岐阜県/愛知県/三重県/奈良県/和歌山県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/

更新履歴