MENU

管理薬剤師が兼務する仕事とは

医薬品を扱う店などでは、管理薬剤師を置くことが法律で義務付けられています。
その管理薬剤師の業務は多岐にわたりますが、主に患者さんに対する医薬品のリスクを抑えて、その効果を高めることです。
具体的には医薬品とスタッフの管理です。
患者さんが医薬品を正しく使えるよう、患者さんや他の薬剤師に指導もします。
他に医薬品が不良品とならないよう、適正に保管もします。
患者さんとコミュニケーションをとったり、患者さんの医薬品の副作用に関する相談にのったりすることも大切な業務です。

 

また、医薬品に関する情報の収集も業務です。
医薬品に関する専門的な情報を集めて、医師や看護師などに報告します。

 

さらに店で一緒に働く他の薬剤師などの管理も管理薬剤師の業務です。
職場の環境を改善したり、店の開設者に対して意見したりもします。
医薬品の試験もします。
スタッフのシフトの作成などをすることもあります。
この他、店に置いてある医薬品ではないサプリメントなどの表示内容の確認もします。
そのサプリメントなどに特定の効果があるとしてポップを表示することは違法です。
他の薬剤師に医薬品の陳列の仕方などを指導することもあります。
陳列の仕方は法律で決められています。

 

また、店によっては管理薬剤師に経理や人事の仕事を任せます。
経営者と管理薬剤師を兼務している人もいます。

 

なお医薬品卸業の管理薬剤師の場合、法律上必要な書類の作成など、事務的な仕事が多いです。