MENU

調剤薬局の管理薬剤師の役割

調剤薬局には、必ず、管理薬剤師がいます。薬局の中では、一番上の立場の位置付けの人です。
管理薬剤師の仕事は、他の薬剤師と同じように調剤業務、服薬指導などを行いますが、立場上、最終の責任を持つことになります。
実際の業務は、薬局で扱う医薬品などの帳簿管理を行います。医薬品を購入したときの管理や販売、すでに在庫している医薬品の品質管理や薬事管理をするのも大事な役割です。

 

また、薬局内の設備に問題はないか、薬事法に基づいて管理がなされているかなども点検する義務があります。
もちろん、不備を発見すれば、申し立てをして改善していかなければなりません。
さらに、従業員の人事管理も大切な仕事です。一緒に働く薬剤師や、医療事務の人などの勤務に関しての管理責任を持っています。
たとえば、シフト制で交代勤務する調剤薬局では、管理薬剤師が内容を決めることが一般的です。
そして、スタッフの教育も管理薬剤師の職務の一つです。薬局に来る患者の満足度を高めるように、薬に関する教育はもちろん、接客対応のやり方についても指導することが求められます。多くの調剤薬局では、管理薬剤師が定期的にミーティングを開いています。

 

そして、連絡事項を伝えたり、一緒に働くスタッフの不平や要望にも耳を傾け、スタッフの気持ちがまとめる役割も果たしています。
調剤薬局の管理薬剤師には、薬局の業務全般を幅広く見渡せるスキルと、周囲を統率できるパワーを持った人が的にんリーダーシップがとれる人が適任です。