MENU

ドラッグストアの薬剤師の役割

病院に行くほどではないけれど、薬が欲しいと思った時や、仕事が忙しくて病院に行く暇がないから遅くまであいているドラッグストアに行って薬を購入しようと考える人は少なくありません。

 

しかし、実際に店舗まで行くと数多くの薬があり、どれを選択したらよいのか分からない、また医薬品はレジの後ろで、薬剤師の後ろに置いてあったりするので、必然的に薬剤師や管理薬剤師に相談をする状況にもなるでしょう。
胃薬や風邪薬などよく常用する薬であっても、薬の会社によって微妙の中に含まれる薬剤成分の濃度は変わってきますし、効能も変わってきます。
そのために、迷った時にはドラッグストアに常駐している管理薬剤師に相談することが一番いいのです。管理薬剤師の一番の役割は、購入者の要望に合った、症状を改善させる薬を販売することです。
そのためには、購入者の現在の持病や内服薬があるかなども聞いて、薬を選ぶ必要があるのです。ただ希望によった薬を販売するだけではありません。

 

数多くの薬の知識を持って、その中から購入者の症状に合わせたものを選び販売するということは、容易なことではないのです。しかし購入者にとっては、ドラッグストアに行けば、管理薬剤師が相談に乗って薬を選んでくれるということは、心強いことですね。薬の知識はもちろん、それに付随する副作用、眠気が来るので運転に注意することや薬との食べ合わせの悪い物を教えてくれるなど、アドバイスをくれるとより購入しやすくなります。