MENU

ドラックストアの管理薬剤師

ドラッグストアでは、薬剤師の免許を持っていない人が開設することがありますが、管理薬剤師がいないと開店する許可をもらえません。OTC医薬品や健康食品、化粧品、日用品など様々な商品が置かれており、スタッフが全てに詳しいとは限りません。

 

管理薬剤師は、ドラッグストアで働く薬剤師や、薬剤師外のスタッフがしっかり業務を行っているか監督し、指導する役割があります。また医薬品を販売するときは、適切な説明と服薬指導を行います。お客から医薬品の説明を尋ねられたら、管理薬剤師が先頭に立って対応します。

 

専門性を生かして、一人ひとりの症状に合わせた情報提供が必要で、OTC医薬品では解決できないと判断すれば、医療機関での受診を勧めます。
また店舗内の医薬品と医薬品以外の商品が適切に管理されているかチェックするのも業務に含まれます。医薬品と医薬部外品、化粧品はそれぞれ別のコーナーに陳列しなければなりません。
お客がすぐに希望する商品を見つけられる工夫も大切です。さらに医薬品などの商品が決められた温度や場所に保管されているかも確認します。

 

もし店舗の設備に不具合が生じたり、不備があったりすれば、開設者に申し立てで改善してもらいます。このようにドラッグストアで働く管理薬剤師の業務は多岐に渡るので、スキルアップとして選ぶ人が多いです。中には管理薬剤師がドラッグストアの店長を兼任するところもあり、店舗の売上や経営に携わるケースがあります。