MENU

管理薬剤師になるには

管理薬剤師になるためにはいったいどうしたらいいでしょう。
管理と付くだけで、薬剤師に変わりないですから、先ず薬剤師の資格を取得する必要があります。薬剤師の資格を得るためには、薬学部で6年間学び、とても難しい薬剤師の試験に合格しなければなりません。その試験は国家試験です。

 

薬剤師の資格を取得したら、店などに勤務して、その業務を全て覚えなければなりません。
患者さんの症状を聞き取って、最適な薬を選ぶことなどが業務です。陳列棚の管理や発注なども業務です。
実務経験を3年くらい積みましょう。
逆に言うと、実務経験を積めば良くて、特別な資格はありません。

 

また、以前は、勤務している店で昇進して、管理薬剤師に選ばれるケースが多かったです。
ですが、近年は医薬品を扱う店が増えたため、状況が変わりました。
店に管理薬剤師を置くことが法律で義務付けられて、基本的には店の数と同じ数の管理薬剤師が必要になりました。
このため、管理薬剤師求人が多くあるのが現状です。
また、管理薬剤師を必ず置かなければいけないため、これまで勤務していた人が辞めてしまった際、新しい人を探さなければならないので、直ぐ求人広告が出されます。

 

なお女性の中に管理薬剤師になるための実務経験を積みたいという人も多いです。
その理由としては、実務経験があれば、出産後などに再就職しやすいためでしょう。
他に実務経験が考慮されて、時給が高くなることなどもその理由でしょう。