MENU

企業で働く管理薬剤師

企業薬剤師の求人で多いのが管理薬剤師です。管理薬剤師は、薬品全体の管理を担う薬の責任者だと言えます。法律により薬品を取り扱う場所では、一つの拠点について一人以上の管理薬剤師の常駐が必要になってきます。それ故、調剤薬局やドラッグストアをはじめ、製薬企業や医薬品卸業に至るまで管理薬剤師の求人が行われているわけです。

 

企業薬剤師求人には薬剤師の資格があれば応募出来ますが、企業側にも様々なタイプがあります。得てして管理薬剤師を求人する企業では、週休2日制や長期休暇制度が整っている所が多いのですが、残業時間に関しては職種によって差が出る事もあります。勿論、残業が全く無い企業もあります。

 

企業薬剤師の仕事内容で調剤薬局などと異なる点は、調剤業務がほとんどないことです。
勤務先は大きく分けると「製薬会社の本社及び支社」「工場」「倉庫」となります。製薬会社の本社・支社では、営業用の薬剤の管理を担当します。業務は多岐にわたるので、複数の薬剤師が在籍する事が多くなっています。

 

業務内容は、薬剤の在庫管理から病院や医者等からの問い合わせ対応と様々です。場合によっては、行政機関への提出書類の作成にも携わる事もあります。さらに、本社勤務の管理薬剤師の大切な仕事として、MR教育担当業務があります。
これは、新しく開発された医薬品に関して、その効能等をMRに対し指導するものです。工場や倉庫に勤める管理薬剤師の業務はそれぞれ、品質管理と分析、薬剤の在庫管理等で、本社勤務などに比べ時間的制約がないのが特徴だといえます。