MENU

管理薬剤師の役割

医療関係においては様々な場所で薬剤師が活躍をしていますが、その中に管理薬剤師があります。
管理薬剤師になるためには資格の必要が無い代わりに、そこでは、各々の職場における経験や能力が求められます。

 

管理薬剤師の役割は職場によっても違いがあり、それは、大きく5つに分けることができます。

 

まず、1つ目としては調剤薬局があります。ここでは、医療機関から出された処方箋に基づいた調剤はもちろんのこと、医薬品の保管管理や在庫確認、そして情報収集をしえ近隣の医療機関からの処方箋に常に対応ができるように責任を持ちます。

 

また、他の薬剤師の管理や指導、教育をすることも大事な役割となります。ドラッグストアにおいては、調剤の他に、医薬品の販売や日用品の販売を行っている店舗も多く、医薬品だけでなく他の製品の知識も必要になります。
店舗における宣伝内容等にも気を配る必要もあり、管理職としての能力も求められます。

 

次に病院があります。ここでは医薬品の管理はもちろんのこと、入院患者への調剤をおこないますが、なによりも患者とのコミュニケーション能力が求められることになります。

 

他に、医薬品メーカーや製薬メーカーにおいては、医薬品管理と同時に関係行政機関との調整や、許認可、また医薬品への問合せ対応などが役割となり、特に、MRと呼ばれる営業担当者への教育や指導は大切なものとなります。それは、MRは医師とメーカーとの直接の窓口なるために高度な知識が必要とされるためであり、管理薬剤師としての役割も重要なものとなります。