MENU

管理薬剤師のなる為に

ドラッグストアや保険薬局、また、調剤薬局などに勤務する中に管理薬剤師があります。薬事法においては、各拠点に1人責任者を置くことが義務付けられており、これは薬剤師でなければ任命をすることができなくなっています。

 

管理薬剤師になるためには特別な資格は必要とされず、薬剤師の資格を持っていれば誰にでも管理薬剤師になることができます。しかし、様々な薬剤を扱う職場においては、管理全般を任せられる重要な立場となるために、各々の企業で定められた条件はクリアをする必要があります。

 

管理薬剤師に求められる条件とは、経験と実勢が必要となります。それは、薬剤の在庫管理や接客、また患者からの質問をされても困らない的確な薬の処方に対する正しい知識などが求められます。

 

また、薬事法や薬剤師法にも精通する必要があり、医事などに関しても内容を把握できるようにしておく必要があります。一般的なキャリアステップとしては、概ね、新卒で入社してから3〜5年の間に管理薬剤師となるケースが多く、その後はエイリアマネージャーやDI室業務、また、営業などに携わるケースが多く見られます。

 

管理薬剤師では業務の他にも人間関係の構築やコーチングなどのコミュニケーション能力も重視されるために、企業によっては研修制度を設けて対応をしている場合もあります。その内容においても企業によって異なっており、毎月実施している場合もあれば年間に数回といった場合もあり、研修方法においてもテキストを用いる場合やeラーニングを利用した研修など様々なものがあります。