MENU

管理薬剤師とは

薬剤師のうち、薬局や薬を扱う店舗、製造業で、拠点ごとに設置が義務付けられている責任者を管理薬剤師といいます。管理薬剤師の兼務は、原則として認められていません。

 

管理薬剤師の仕事は、薬剤師の仕事に加えて、管理業務として、従業員の監督や薬学の知識が必要なときに対応すること、店舗内の医薬品等を管理して、医薬品とその他を区別して陳列したり、保管や設備の不備などについても気をつけます。購入者が求めている医薬品が適当かどうかを判断したり、服薬指導や副作用相談などの情報提供業務については、管理薬剤師が自ら行うか、他の薬剤師に行わせます。また、必要な情報が常に入手でき、活用できるような体制を整備し、副作用情報については厚生労働省に報告を行います。

 

最近のドラッグストアでは、調剤室を併設しているところも多く、管理薬剤師の場として人気です。調剤業務の他、商品の陳列やOCT医薬品の説明など、サービスを中心とした業務になるため、接客能力も求められます。

 

企業で働く場合の勤務場所は、製薬会社や医薬品卸会社、医薬品や化粧品メーカーの工場などになります。製薬会社では、薬剤の在庫管理や社員の薬事教育、医薬品に関する問い合わせへの対応、行政機関への書類作成などに関わります。工場では、医薬品等の品質管理、分析業務、在庫管理などを担当します。勤務する会社によって、仕事の内容や責任範囲などは異なりますが、調剤を行わないことが特徴で、事務的な業務が多くなります。